プスとなおたんFamilyの『のほほん日記』 
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年05月13日 (土) | 編集 |
さて先程の続きになりますが・・・


昨日5月12日 検査の結果と診察の為に病院へ行ってきました

まず中央採血室に行き採血
血液検査の結果がでた所で耳鼻咽頭科で診察です。

結果は・・・・・
炎症反応の数値は正常値まで戻っていました。
熱も落ち着きリンパの腫れも小さくなってきているからだそうです。

ただ 白血球の数値は未だ戻らず低いまま

肝機能数値は前回よりかなり上昇し悪くなっているとの事でした

そのせいで肝臓と脾臓が腫れてきているとの事でした。
アタシはてっきり熱も下がりリンパの腫れも落ち着いてきたから良くなってきていると確信していたのでちょっとショックでした


そんなアタシに追い打ちをかけるかのように・・・

先生「この間のTV見た???」←どの番組の事かすぐにピンときました

アタシ「あぁぁぁ 見ました。アタシと症状が似てるなって思って・・・」

先生「僕もたまたま自宅で見ていて小川さん不安だろうなぁって思っていたんだよ」

アタシ「・・・・・・・・・・。実は友達からも症状が似てるから心配になったからって連絡がきたんです」

先生「そうなんだよね。今は症状が落ち着いているように見えるけど発疹を抑えるためにステロイド薬を服用したから落ち着いてるだけかもしれなくて今日から薬の服用をやめた後どうなるかが大事なんだよね」

アタシ「伝染性単核球症なんですよね? 慢性化する事ないですよね?」

先生「今の段階ではっきりと答えてあげられないんだよね。もう3か月が過ぎようとしてるし次、高熱が出たり倦怠感がでたりいつもと違う症状がでた時は大学病院の血液内科に紹介状書くからそこで治療しましょ。」

アタシ「・・・・・・・・・・。」

先生「慢性活動性EBウイルス感染症は、ここの病院じゃ治療できないんだよ。完治には骨髄移植しかないから。」

アタシ「・・・・・・・・・・。EBウイルスで死ぬんですか?」

先生「気付くのが遅れて慢性活動性EBウイルス感染症が原因で白血病、悪性リンパ腫、多臓器不全になって1年以内に死亡する事が多いんだよ。進行が速いしそれが怖いから次は大学病院を紹介するのでそのつもりでいて下さい。」

アタシ「はい。」

もう先生がはっきりと伝えてくるものだから、落ち込む暇さえなかったです

次の予約を6月1日に入れ耳鼻咽頭科の診察は終了しました。

帰り際に念を押すように「予約日の前でも高熱が出たり変わった事があったらすぐに来て下さいね。」って言われてしまいました。


次はCT検査の結果を聞く為に消化器内科へ
受付を済ませると5分もしないうちに診察室へ呼ばれました。


消化器内科の先生「造影剤の副作用で発疹がでたんですね。」

アタシ「はい。治るのに1週間かかりました。」

先生「アレルギー反応ですね。体調の悪い時に撮影した影響もあるかしれませんが、悪い時に撮らないと意味がないですからね。」

アタシ「そうですか・・・。」

先生「CT検査の結果ですが、肝臓と脾臓に腫れがありますね。右胸が痛かったのは、肝臓が腫れて肋骨に神経が触れての痛みだと思います。肝臓数値もかなり悪いですし。」

もう耳鼻咽喉科で同じ事聞いてるから「はい。」と返事をするしかないアタシでした。

先生「次は大学病院に紹介とカルテに書かれているので今日でうちの科は終わりでいいです。」と言われあっさり終了!!

何はともあれ これ以上悪化しないでと願うばかりのアタシです



さて少しアタシの病気についても書きたいと思います。



先日のザ・仰天ニュースで放送されました、声優の松来未祐さんの事をご存じでしょうか?
「ふたりはプリキュア Splash☆Star」のチョッピをはじめ、多くの作品で様々なキャラクターを演じた松来さんは、体調不良により検査を繰り返していたといいます。
先日、松来さんのブログが更新され、「慢性活動性EBウイルス感染症」という病名が明かされました。12月15日に更新されたブログ記事には、「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しい」という遺族の意向が記されていました。

慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)とは
CAEBVは、年間におよそ100人が発症すると考えられています(厚生労働科学研究 難治性疾政策研究事業より)。この病名はあまり一般的に知られてはいないものの、誰しも発症する可能性のある病気です。原因となるEBウイルスや、CAEBVの起こるメカニズムを解説します。

EBウイルスとは
EBウイルス(Epstein-Barr virus)は、ヘルペスウイルスの一種です。聞き慣れない名前ですが決して珍しいウイルスではなく、日本では5歳までに半数の人が、成人では9割以上が感染しています(全国骨髄バンク推進連絡協議会)。日本では大多数が子供のうちに感染しますが、大人では異性間の交流などによって唾液を介してBリンパ球に感染します。基本的には何の病気も引き起こしませんが、時折「伝染性単核症」という病気を起こすことがあります。

一度Bリンパ球に感染したEBウイルスは、一生の間Bリンパ球に潜伏しつづけます。ただし人間の免疫力が働くため、基本的には再び病気を引き起こすわけではありません。ただし、Bリンパ球以外に感染した場合にCAEBVを起こすことがあります。


Bリンパ球とは
リンパ球とは白血球の一種で、体内に入ってきた異物に対して攻撃を行なう働きがあります。リンパ球にはBリンパ球・Tリンパ球・NK細胞の3種類があります。

伝染性単核症とは
EBウイルスがBリンパ球に感染すると、伝染性単核症という病気が起こることがあります。

主な症状としては発熱(38度以上)・首のリンパ節の腫れ・のどの痛みの3つです。

伝染性単核症になると、まずは頭痛・熱っぽさ・寒気・倦怠感といった症状が数日間続きます。その後、38度を超える高熱が1~2週間にわたって続きます。白血球(特にリンパ球)が増加するのも特徴的ですが、安静にして対症療法を行なうことで1~3ヶ月で治癒します。

慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)とは
EBウイルスはほとんどの場合、Bリンパ球に感染します。しかし、稀にTリンパ球やNK細胞に感染することもあり、これがCAEBVの原因となります。

EBウイルスに感染したTリンパ球やNK細胞は増殖し、さまざまな臓器に少しずつ広がっていきます。以下のような症状が長期間にわたってみられたり、繰り返し起こったりします。

発熱
倦怠感
リンパ節の腫れ
肝脾腫(肝臓や脾臓が大きくなる)
発疹
口腔内アフタ
貧血・血小板の減少
下痢
下血
ぶどう膜炎(目の中に起こる炎症)
冠動脈瘤(血液を直接心臓に送り込む動脈にこぶができる)



また、患者さんのうちの3割が蚊刺過敏症(蚊アレルギー)を併発します。この場合、蚊に刺された箇所に水疱ができたり、壊死・潰瘍を引き起こしたり、蚊に刺された後に発熱・リンパ節絵の腫れといった症状がみられます。

症状がみられない場合や、対症療法によって改善される場合もありますが、根本的な治療を行わなければ何度も症状が現れます。結果として、心不全や腎不全などの多臓器不全を起こしたり、悪性リンパ腫や白血病に至ったりすることで亡くなる方が多いです。


慢性活動性EBウイルス感染症の治療方法

 確立された治療法はなく、免疫療法、悪性リンパ腫に準じた抗がん剤の多剤併用療法、抗ウイルス療法などが試みられてきました。これらの治療はある程度有効ですが、その効果は一時的で、完治には至りません。造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)移植(骨髄(こつずい)移植や末梢血(まっしょうけつ)幹細胞移植)が唯一治癒可能な治療法ですが、成功率は約50~70%と低く、これからの研究課題です。数年の間に約半数が死亡する予後の悪い病気で、進行してからの移植では成功率が低くなるので、診断がつき次第、移植を前提とした治療が検討されます。

ちょっと長くなりましたがアタシの近況報告とさせて頂きますね。

最後までご覧頂きありがとうございます


皆さんにお返事をなかなかできずに申し訳ありません。お許し下さい。
皆さまの気持ちは届いております。

皆さまありがとうございます



ブログランキング参加中!ポチっとお願いします!
↓↓↓↓↓
 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「ブログ更新」感謝します!(;涙)
えいしんです。

毎日、なおたん様のブログにアクセスし、「今日も更新され
ていないな・・・」と、心配する日々でしたが、今回、ブログを
更新されて、現状をご報告いただき、「感謝」致します!
「他のブロガーの事などほっといて、治療に専念」すべき
ところ、ブログを更新して頂き、更に状況報告まで・・・、
大変な中、本当にお疲れさまです。
私は、とにかく毎日、「なおたん様が元気になります様に」
と祈っています。
病気の詳しい事は、良く分かりません。
しかし、なおたん様が頑張り続ける限り、最大限の
「エール」を贈り続けます!

それでは、お疲れさまでした。
2017/05/14(Sun) 02:42 | URL  | えいしん #-[ 編集]
ブログ更新ありがとう!
直チャン、そんな大変なことになってたなんて驚きました…てっきり良くなってるのかと(>_<)
旦那さまとお寿司デートまでは微笑ましかったけど、その後大変やったね。身体が辛いときに病院行くのも大変やのに、病院で待たされ難しい説明聞いて、直チャンの辛さはどれだけなんやろかと…
すごく色々調べたんやね。ブログ更新も時間かかったんやないかな。直チャンのブログ読んで同じような症状で苦しむ人の助けにもなるやろし、偉いなぁと思ったよ!病名わかったけど治療は簡単ではなさそうやし、とりあえずは経過観察って感じなのかな。
毎日不安やったり身体もしんどくて辛いと思うけど、直チャンのご家族、お友達の方々、皆さん直チャンが元気になることを祈ってると思うので、病院に負けずに頑張って欲しい!色んな趣味があるんやし、出来るだけ楽しい事やって考え過ぎないでね。またブログ更新待ってるよー!応援してるよぉ~\(^o^)/
2017/05/15(Mon) 09:41 | URL  | ひろこ #-[ 編集]
えいしん様
おはようございます。

いつもブログにご訪問頂きありがとうございますm(__)m
その上 顔も知らないアタシの事まで気にかけて頂き大変恐縮です。

えいしん様の温かいお言葉に感激し感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます(*^^*)

えいしん様と、この様な繋がりがある事もきっと必然的出会いなんだなぁって感じております。

ブログの方は体調と相談しながらボチボチしようかなと考えています。
今後も宜しければお付き合い下さいね(#^^#)
2017/05/16(Tue) 11:35 | URL  | なおたん #-[ 編集]
ひろちゃん
おはよう(#^^#)

ひろちゃんとは、イケ繋がりからブログまでコメント貰えて凄く嬉しいよ♪

アタシは早い段階で病名もわかったしラッキーだったなって思ってる!
確かに身体もキツイ時もあるし検査ばかりで嫌になっちゃう事もあるけど・・・
病気の事ばかり考えて生活するよりも自分のやりたい事やって家族や友達みんなと笑いながら生活していく方がいいと思うし!
今後どんな結果になってもアタシは、できるだけ笑って過ごしていきたいよ( *´艸`)

ひろちゃんとの必然的出会いも大切にしていきたい♪
イケのin率下がるけど(笑)迷惑じゃなかったらまたブログに遊びにきてね!

ひろちゃん本当に仲良くしてくれてありがと★
2017/05/16(Tue) 11:49 | URL  | なおたん #-[ 編集]
ありがとう♪
直チャン!コメントありがとう!
ポジティブでいいね!そうそう!ほんと手遅れになる前で良かったよね。常に前向きでいるのは無理やし人間やから気分の浮き沈みもあると思うけど、
一度きりの人生やし楽しまないとね♪直チャンの大切な人たちも、直チャンが笑顔やと嬉しいやろし♪

病気の辛さはわからないけど、こうしてブログで報告してくれて参考になるし嬉しいよ!直チャンと出会えたご縁に感謝です!イケが気分転換になるといいよね!私は日々癒されてる♪
何だかこちらまで元気を貰えたよ!直チャンの文章は人を元気にする力があるね!ありがとう\(^o^)/またブログ遊びに来させてもらいます♪
2017/05/17(Wed) 06:45 | URL  | ひろこ #-[ 編集]
だって、「なおたん様」、「ブロとも」ですよ!
えいしんです。

だって、「なおたん様」、私の大切な「ブロとも」ですよ!
私の拙いブログに、「”ブロとも”になりましょ!」と言って
くれたのは、「なおたん様」です!
当時の私は、本当に、本当に、嬉しかった!
私に「ブロとも」誘ってくだる方、今も、本当に少ないのですよ。
基本的に、私から「ブロとも」申請しませんので、現在、
「ブロとも」で、現在も交流のある方は、「なおたん様」と
あと2人だけです。皆様、とっても大切です。
ですので、私にとって、「なおたん様」は、「特別」です。
ですから、何か月ブログが止まっても、毎日訪問して、
いつかきっと再開されることを信じていました。
それは、これからも、ずっと、です。

それでは、お疲れさまでした。


2017/05/20(Sat) 02:47 | URL  | えいしん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。